拡散型衝撃波 マスターパルスについて

拡散型衝撃波 マスターパルスとは

マスターパルスから発せられる衝撃波を患部に当てることで、痛みを伝える神経の一部を壊し、痛みを改善させます。
一方では、筋肉、腱組織の修復を促すサイトカインを活性化させ、損傷している組織の再生も促します。
これらの作用で、除痛と、修復の両方の効果が期待できます。

拡散型衝撃波 マスターパルスの特徴

  • ・施術者への負担が少ない
  • ・治療直後に痛みが緩和される
  • ・豊富なトランスミッターによって腱障害治療、トリガーポイントセラピー、筋緊張の緩和、筋膜リリースも可能
治療を受けられない方
・血友病等末治療の血液凝固障害のある患者
・高容量の抗凝固剤を服用している患者
・血栓症の患者
・腫瘍性疾患、がん患者
・妊婦
・最後のコルチゾン注射から6週間以上経過していない患者

よくあるご質問

どのような原理でしょうか?
専用機器(マスターパルス)より発せられる衝撃波が炎症などを起こした組織へ作用し、再生を促します。
治療時間はどれぐらいかかるのでしょうか?
1回の処置が5分~10分程度となります。
何回くらい治療するのでしょうか?
症状の程度など個人により違いはありますが、4,5回程度を要する事が多いです。症状によりますが、週1回を目安に行います。
痛みはどれぐらいするものでしょうか?
治療中に一人一人に合わせて調整していきます。
2,3日痛みを強く感じることもありますが、その後元の状態より和らいでいきます。
治療を希望したいのですが、どうすれば良いでしょうか?
一度、医師の診察を受けてください。適応について検討致します。

対象となる主な症状

  • ・アキレス腱炎
  • ・踵骨棘/足底腱膜炎
  • ・中足骨痛症
  • ・脛骨過労性骨膜炎
  • ・膝蓋腱炎
  • ・上腕骨外側/内側上顆炎
  • ・転子腱障害
  • ・一般的な腱付着部症
  • ・石灰沈着性腱板炎
  • ・足底筋
  • ・腓腹筋短縮
  • ・内転筋群
  • ・腰痛
  • ・背痛
  • ・頸椎症候群
  • ・(石灰化あり/石灰化なしの)肩関節周囲炎
  • ・前腕筋
  • ・肩こり
  • ・シンスプリント
  • ・シャンパー膝
  • ・テニス肘
  • ・腱鞘炎
  • ・腸脛靭帯炎